さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koyuki

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年05月21日

浅草橋のマロニエ並木

 浅草橋の辺りを歩いていたら、白い花がたくさん咲いていた。通りの名前は知らないが、その通り沿いにはマロニエの樹が植えられていた。花は白いものだけでなく赤い(濃いピンク)色のものも咲いていた。いい香りがした。
 別名をセイヨウトチノキと言って、トチノキ科だそうだ。パリをはじめヨーロッパなどでは街路樹としてよく植えられているらしい。 そうだ、パリのマロニエの木を誰かの絵で見たことがある。アンリ・ルソーだったか?
 花はミツバチが好んで吸蜜に訪れるという。一度、そのハチミツを食べてみたいものだ。紋屋図子の蜂蜜屋に今度聞いてみよう。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)花便り

2012年05月06日

藤の花

 連休の後半に藤棚を求めて、城南宮道を歩いた。 藤棚は城南宮の神苑内の「室町の庭」と名付けられた池の端にありました。
 神苑内には他にも杜若やツツジが満開でした。 藤の花の花言葉は陶酔。艶っぽい言い方をすると「あなたの愛に酔う」というのもあるらしい。
 この日は、この後、新城南宮道を竹田駅まで戻って、丹波橋まで近鉄に乗り、丹波橋通を歩いた。この辺りを歩いているとどうしても酒蔵巡りになってしまうのは、のんべだけだろうか。

 ->京都の庭園・花便り
   ->京の通りを歩く  

Posted by koyuki at 14:53Comments(0)花便り