さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koyuki

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年03月31日

雨宝院の庭

 雨宝院(西陣聖天宮)。北向山と号する古義真言宗の寺院である。寺伝に寄れば、821年嵯峨天皇の病平癒を祈願し、弘法大師が大聖歓喜天像を安置した大聖歓喜寺が始まりで、境内は千本五辻まであったとされる。
 ここも応仁の乱により堂宇荒廃したため、1477年に雨宝院のみが再興された。
 観音堂に安置される千手観音立像は、藤原時代初期の作風を示し、重要文化財に指定されている。
 境内東南の井戸は「染殿井」(ソメドノノイ)と呼ばれ、染物に用いるとよく染まり、夏の旱魃時においても涸れることがないという。 また、本堂前には「歓喜桜」という、御室の桜と同種の八重桜があり、開花時には根元から花をつける。隣の赤松は「時雨の松」と呼ばれ、久邇宮(クニノミヤ)朝彦親王が、当院の参詣の折り、にわか雨を樹の下で凌がれたという話が残る。
 境内はけして広くはない、むしろ狭いくらいであるが、そう感じるのも境内に所狭しと咲く花々のせいであろう。
 洛中きっての自然美に溢れた花の寺である。四季折々の花が境内に植えられ、野趣に富む。
 春は狭い境内に花が咲き乱れているといった感である。
 拝観は無料である。きっと住職が花好きであるのか、または植木職人が大事に育てているのか、遺して欲しい庭である。
 京の古い町並みが続く界隈であり、西陣に近い一角にあるのだが、広い道に接しているわけではないし、案内板が出ているわけでもないので、観光客が押し寄せることもない。だから野趣が残されているのかもしれない。
 この寺で見られる花の名を挙げてみよう。
 福寿草、椿、クリスマス‐ローズ、ケマンソウ、ヒゴスミレ、チョウジソウ、ホウチャク、枝垂桜、八重桜、山吹、白山吹、キリシマツツジ、ボタン、都忘れ、クレマチス、エビネ、京鹿子(キョウガノコ)、白糸草、ホタルブクロ、キツリフネ、ササユリ、山ホトトギス、トウチクラン、フシグロセンノウ、ガンピ、ビヨウヤナギ等々。名前も調べていない花の写真もたくさん撮らせていただいた。その内、ちゃんと調べて花便りに載せたいと思っている。

 〒602-8481京都府京都市上京区上立売通浄福寺東入聖天町9−3  
タグ :洛中


Posted by koyuki at 07:00Comments(0)京都の庭園

2013年03月30日

拳でカレー和え麺

 久しぶりに七条千本の拳ラーメンで、石焼坦々カレー和え麺を食べた。(写真) 名前の通り、器が石焼きになっていて熱々で出てくる。 いっしょに出されるカレー風味の出汁をかけて、具材と麺を混ぜて食べる。 じわじわと顔面ににじんでくる汗を感じながら、締め飯(生ハムチーズ丼)を頼んだことを後悔しながら食べました。満腹でした。 次は、普通に塩ラーメンかな。   

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月24日

こくわがたで釜たま大

 久しぶりに本郷三丁目の「こくわがた」で讃岐うどんを食べた。今回は釜たま大+HG2を食べた。(写真) HG2とは比較的ごっつい?鶏天二つのことらしい。
 麺はコシがあって美味しかった。HG2には置いてあったマヨネーズをつけて食べた。ホクホクで柔らかだった。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月23日

上御霊神社のアヤメ

 祭神として崇道天皇(早良親王)、井上内親王、他戸親王等、十三柱の神霊を祀る。
 早良親王(サワラ)と言えば、京の東北鬼門に当たる上高野に崇道神社がある。 桓武天皇は奈良の都を捨てて、長岡の地に都を遷したが、長岡で桓武天皇の寵臣であった藤原種継が殺された。犯人は大伴継人と竹良等であったが、その背後に早良親王があり、これを責められて乙訓寺に幽閉された後、淡路に流罪となり、途中の船の中で死んだとされる。この後、早良親王の怨霊は様々な祟りを起こす。この為、桓武天皇は長岡から京へ都を遷し、早良親王に崇道天皇という名を贈り(謚:オクリナ)、鎮魂を行う。
 主祭神は早良親王であるが、この他にも井上内親王、他戸親王が祭られている。策略家・藤原百川の陰謀によってこの二人は亡き者とされ、山部親王即ち桓武天皇が皇太子とされた。この為に井上内親王、他戸親王は早良親王と並んで桓武朝廷を悩ます三大怨霊となった。
 昔は下御霊神社も並んであったが、豊臣秀吉による都市整備の際に南に移された。
 下御霊神社の隣があの革堂である。もう少し下る(南へ行く)と梶井基次郎の「檸檬」に出てくる八百屋(くだもの屋)がある。 この通り(寺町通り)には、名前の通りお寺が多い。廬山寺、阿弥陀寺、天寧寺・・、御所も東側がこの通りに面している。
 上御霊神社では、毎月18日に「さえずり市」と称して境内にてフリーマーケットが催される。普段は静かな境内もこの日だけはにぎやかである。
 境内の南側にアヤメが群生していて、4月にいっせいに花を咲かせる。4月の中旬から下旬頃が見頃となる。
 今年(2010年)は少し遅かったのか、5月8日に偶然花時に出くわしました。

 〒602-0896京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495  
タグ :洛中アヤメ


Posted by koyuki at 07:00Comments(0)京都の庭園

2013年03月17日

近江ちゃんぽん!?

 彦根駅前に「ちゃんぽん亭総本家」という店がある。ここは地元では有名らしいが、今回、初めて入った。
 店名の通り 「ちゃんぽん」がおススメだと聞いたので、その「近江ちゃんぽん」(写真)なるものを初めて食べた。 ちゃんぽんでは長崎のちゃんぽんが知られているが、近江ちゃんぽんとは? これは? 美味しかったが、あの長崎ちゃんぽん とは名前だけで全く違うものだった。 塩味の野菜タンメンといった感じだ。好みでお酢を入れるといいというので、途中でお酢を入れてみた。確かに味がマイルドになった。 これはこれで美味しいのだが、ちゃんぽんというネーミングは?  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月16日

志明院のシャクナゲ

 志明院略記には829年に弘法大師が、淳和天皇の御叡願により再興と書かれている。
 本尊不動明王は同じく淳和天皇の勅願により弘法大師の直作と伝えられ、根本中院本尊眼力不動明王は宇多天皇の勅願により菅原道真公一刀三礼の彫刻とあるから、道真公は詩や学問の才能ばかりではなく、彫刻の才もあったようだ。以来、皇室勅願所として御崇敬深く、秘仏としてご即位に際し勅使を迎え開扉され、宝祚(天皇)延長・万民安穏の祈願をされたとある。
 皇室の御崇敬の一因には鴨川の水源地である洞窟の湧き水を重視し、水神を祀り、清浄な鴨川の御用水を祈願したと伝えられている。また水の伝説として有名な歌舞伎十八番「鳴神」は志明院の僧であった鳴神上人の物語である。
 此処へは車で行くことにした。バスも通っているが、本数も少ないし終点からさらに1キロ登らなければならないと聞いていた。車なら道は細いが寺の石段下の駐車場まで行くことができる。鴨川沿いをひたすら北へ走る。途中の集落は、山懐にある雲ヶ畑である。そこは惟喬親王の隠棲の地と伝承されている。惟喬親王は文徳天皇の第一皇子で、歌人・在原業平とは大変親しく「伊勢物語」にも描かれている。
 山頂にはたくさんのシャクナゲが咲いている。志明院の山門の前の庭にも咲いていた。 本坊の裏山に咲いていた山桜がしきりにその庭へ花びらを散らしていた。
 写真は山門とその前で咲いていたシャクナゲである。(まだ三分咲き) 残念ながら山門より内へはカメラは持って入れなかった。

 〒603-8861 京都府京都市北区雲ケ畑出谷町261  


Posted by koyuki at 17:09Comments(0)京都の庭園

2013年03月10日

カルボたーま

 早稲田へ行ったときに、久しぶりに蔵之介で讃岐うどん?のカルボたーま(写真)を食べて来ました。 釜たまの別バージョンというか、スパゲッティのカルボナーラ風というか、トッピングされた玉子とカリカリベーコンを釜たまのようりょうで混ぜ合わせて食べるのですが、スパイスもかかっていて味がイタリアンなんです。それほど濃い味ではないので、僕は有りだと店主に答えました。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月09日

大黒屋平井店で特製つけ麺

 仕事で総武線の平井駅の近くに行く機会があり、ここ大黒屋平井店で特製つけ麺(写真)を食べた。特製にはデカイ厚切りのチャーシューが3枚もデンとのっかっていたが、太麺もけっこう量があったので、普通でよかったかも。。。魚介系のつけ汁は濃厚でしたね。魚粉もかけてありました。次回は中華そばかな・・・。


 こっちは別の日に食べた中華そばだ。麺はあの中華そばとみ田の麺を使っているそうだ。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月03日

本郷で味噌煮込み

 冬の寒い日は味噌煮込みうどんがいい。とっても暖まる。汗をかくほどなので夏は避けたいが。 味噌煮込みと言えば名古屋の老舗の名前がいくつか浮かぶが、ここは東京は本郷にある店名も「味噌煮込罠」・・・ワナではなくミンだ。勿論、味噌には八丁味噌を使っている。 写真1枚目は玉子と鶏肉(大山地鶏)が入ったスタンダードな味噌煮込みうどんだ。これにご飯と漬け物が付いて800円。
 2枚目の写真は別の日に食べた「イタリアン」だ。 味噌スープにトマトが合う。トッピングされたチーズもいい(1,000円)。 他にもキムチ味噌煮込みやインディアン(カレー風味、900円)などがある。 次回はインディアンかな。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年03月02日

久しぶりに三条白川で蕎麦を

 久しぶりに三条白川の枡富で蕎麦を食べた。 注文したのは冬季限定の辛味大根のおろし蕎麦(写真)。

 寒い日だったが、無性にざる蕎麦が食べたかったので、おろし蕎麦にした。確か、小田原駅の近くにあった蕎麦屋(店の名前は思い出さないが・・・)で、決まって冬は辛味大根のおろし蕎麦を食べたのを思い出した。

 蕎麦屋と言えば、最近、神田の老舗・やぶそばが火事だというニュースを聞いた。何度か行ったことがあった。店の雰囲気も味の一つだったので残念だ。

 ->過去ログ・京都の蕎麦屋
  

Posted by koyuki at 10:38Comments(0)麺類