さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koyuki

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年05月04日

渉成園

 渉成園は、真宗大谷派の本山の飛地境内で、周囲に枳殻(カラタチ)が植えてあったことから枳殻邸(キコクテイ)とも呼ばれている。
 東本願寺からまっすぐ東に歩いて二筋目(500m程)のところにあるのだが、私はあまり立ち寄ったことがなかった。
 この地は元は平安時代初期に嵯峨天皇の皇子左大臣源融が、奥州塩釜の景を移して難波から海水を運ばせた六条河原院苑池の遺蹟と伝えられている。 つまり、この地で塩を作らせたのである。
 庭園は詩仙堂を造った石川丈山の作と云われる。
5月中旬の良く晴れた日であった。  池の南側(漱枕居の近く)には睡蓮の花が咲いていた。
 池では鴨が泳いでいた。
 高さ制限にはひっかからないのか、池の向こう側に見えているビルが気にかかる。無粋と言う他ない。
 しおりを見ると春は桜、秋は紅葉、冬の雪景色もまたいい。 
 園内を流れる川のほとりに黄菖蒲が咲いていた。境内はかなり広い。 散策するもよし、芝生の上に腰掛けて、しばし平安の時に思いをはせるもよし。
 園内の建物にはそれぞれ(縮遠亭、傍花閣、園林堂、滴翠軒・・・)変わった名前が付けられているが、しおりを見ても説明は書かれていなかった。  

Posted by koyuki at 10:28Comments(0)京都の庭園