さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koyuki

2015年06月07日

白峯神社の闘魂守


 明治天皇は即位の前に、讃岐(香川県)の白峰(坂出市)にある崇徳天皇陵へ勅使を送り、ここ京都の白峯神社へ神霊を帰還させた。
 崇徳天皇と言えば、平安朝末期に保元の乱を起こして失敗し、讃岐へ配流された人である。しかも、「皇を取って民となし、民を皇となす」、つまり天皇制をつぶすぞと言って死んだ人である。そのタタリは、源平盛衰記にも書かれたように現実となり、平安朝は衰退し、平家の時代、そして源頼朝による鎌倉幕府の時代となる。
 明治天皇が即位した時期の日本の状勢は、幕府の権威が失墜し、朝廷が再び政治の中心に組み込まれようとしていた。
 大政奉還、王政復古、天皇親政、そして天皇の神格化へと突き進んでいった。
 明治天皇は、崇徳天皇だけではなく、後にもう一人の天皇、淳仁天皇を合祀している。
 淳仁天皇もまた、称徳女帝に廃されて淡路島へ配流、非業のうちに亡くなっている。 つまりタタリを為すと思われていた。
 この白峯神社の地は、元は公家の飛鳥井氏の邸宅があったところと云われている。 飛鳥井氏は蹴鞠と和歌の宗家であり、その氏神である精大明神が、崇徳天皇の脇に祀られている。
 片方はタタリを恐れられ、これを鎮めて祀ることによって、善なる神に転化した御霊。もう一方は鞠の守護神だと言う。
 精大明神、近年は球技一般・スポーツの守護神として、参拝する人が多いという。「闘魂守」なる御守も売られている。
 例祭としては、4月14日に行われる淳仁天皇祭、七夕(7月7日)に行われる七夕祭、9月21日に行われる崇徳天皇祭などがある。 七夕には蹴鞠奉納や小町踊りの奉納があり、崇徳天皇祭には薪能が奉納される。
 神社は今出川通りに面しているが、例祭以外の日は、境内に一歩足を踏み入れれば、そこには、ひっそりとした空間が広がっている。

 〒602-0054京都府京都市上京区今出川堀川東入飛鳥井261

タグ :洛中

同じカテゴリー(京都の庭園)の記事画像
渉成園
常照皇寺の桜
酬恩庵 (一休寺)
黄檗(おうばく)の萬福寺
平等院
一言寺
同じカテゴリー(京都の庭園)の記事
 渉成園 (2016-05-04 10:28)
 京都の庭園、移行完了 (2015-06-21 07:10)
 常照皇寺の桜 (2015-06-21 07:00)
 酬恩庵 (一休寺) (2015-06-20 07:00)
 黄檗(おうばく)の萬福寺 (2015-06-20 07:00)
 平等院 (2015-06-20 07:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
白峯神社の闘魂守
    コメント(0)