さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koyuki

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年11月24日

常照寺の庭

 1616年に本阿弥光悦の土地寄進とその子、光瑳の発願によって、日蓮宗中興の祖と敬迎される寂照院日乾上人を招じて開創された鷹峰壇林(学寮)の旧跡である。
 都の六条三筋町の廓に、天下の名妓として一世を風靡しその才色兼備を謳われた島原の二代目吉野太夫が寄進した朱塗りの赤門、茶室遺芳庵がある。
 毎年4月の第3日曜(桜の頃)には、名妓慰霊のため島原の太夫道中による墓参、供茶法要(吉野太夫花供養)が行われ、境内随所に野点茶席が設けられて京の名物行事となっている。
 吉野は和歌、連歌、俳句、書、茶湯、香道、音曲、囲碁と諸芸に秀で、その美貌は唐の国にまで知れたという。夫の豪商灰屋も文学、趣味の豊かな粋人で二人のロマンスは後生演劇、歌舞伎に戯曲化されて有名である。
 境内も茶室遺芳庵も山の深い緑に囲まれている。 4月の桜の頃以外は静かなところである。  近くには光悦寺、源光庵がある。

 〒603-8468 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1  
タグ :洛北


Posted by koyuki at 07:00Comments(0)京都の庭園

2013年11月23日

新梅田食道街のおでん屋

 新梅田食道街(高架下)にある「たこ梅」創業弘化元年、おでんの老舗でちょこっと食べて飲んできました。 写真1枚目は、名物「たこの甘露煮」だ。食材によっては結構高い(1品700円くらいのもある)ので、ちょこっと食べて飲むのがいい。カウンターだけの席なので一人でも入れる。長居は無用。

 写真2枚目は、鯨のサエズリとロールキャベツだ。どの食材も秘伝のだしでやわらかく炊きあげている。 NHKの高架下の旅?番組を見て以来、一度来てみたいと思っていた。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)居酒屋

2013年11月17日

天授庵の紅葉

 天授庵は南禅寺の開山塔である。
やはりここも応仁の乱で焼失し、その後細川幽斎によって再建された。 京都の寺だけに限ったことではないのだろうが、文化財(寺)の歴史は火災との戦いでもある。
 また、京都の大きな寺院は、元は天皇の御所跡であることが多い。 ここ南禅寺もまた、亀山天皇の離宮であった。
 写真は、三門の上から天授庵の庭を眺めたところです。
 冬の雪景色に薄紅色の梅も凛としていていいが、ここの紅葉はまた格別である。しばし、方丈の縁に腰掛けて日の暮れかかる庭を眺めていた。
 方丈から書院南庭へ小道を通って抜けると池があり、ここもまた紅葉していた。池はかなり大きい。南庭は池泉回遊式の庭園である。
 南庭の後ろは竹が植えられている。 南北朝の古庭らしい高雅さを感じさせる。
 最近、JR?のポスターでも使われていた。

 〒606-8435京都府京都市左京区南禅寺福地町

 京都の庭園HPから少しずつ、こっち(ブログ徒然3)に移行中です。あっちは有料サイトなので。ペコッface07  
タグ :洛東


Posted by koyuki at 07:00Comments(0)京都の庭園

2013年11月16日

かすうどん

 藤井寺にある加寿屋で食べた「かすうどんと玉子ごはんのセット」だ。この店はかすうどん専門店らしい。かすうどんとは、牛の腸をカリカリに揚げた油かすを、うどんにトッピングした南大阪発のB級グルメ?らしい。関西出汁に油かすがマッチして、しみる味?です。
 そう言えば、以前、東京の中目黒でかうすどんを食べたことがあった。->かすうどん田中  

Posted by koyuki at 18:02Comments(0)麺類

2013年11月10日

円通寺の借景

借景の庭、つつじの寺として親しまれている。江戸時代初期に後水尾天皇が造営された幡枝離宮のあとであり、幡枝小御所とも呼ばれていた。
 皇室の祈願所として後水尾天皇以降の歴代皇族の御尊碑が皇室ゆかりの殿舎である御幸御殿に祀られている。
 庭園は枯山水平庭で四季折々の風情があじわえる。  京都にあった借景庭園は町が近代化していくに伴って、ことごとく姿を消していった。ここは京都の街中からはかなり離れているので、大丈夫だろうと思っていたが、そうでもないらしい。
 実はこの寺の庭は撮影禁止であった。 過去形なのは、近年開発が進み、この借景も姿を変えてしまう。これを惜しんで撮影が許可されたのである。誠に残念である。
 寺の内(庭園)から見える借景としての比叡山は杉とヒノキの木立を通して見えている。

〒606-0015 京都府京都市左京区岩倉幡枝町389  
タグ :洛北


Posted by koyuki at 07:00Comments(0)京都の庭園

2013年11月09日

空飛ぶうどん?!

 阪急宝塚線・豊中駅を降りて岡町方面へ徒歩5分程の所にある「やまぶき家」で、「豚バラ肉汁つけ麺」を食べて来ました。
 ここも前から気になっていた店でしたが、近くに行く機会があったので、途中下車して訪問。 麺は思っていたより細麺だったが、伸びのある麺でした。 次回は、とり天ぶっかけか、とり天かけかな。   

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)麺類

2013年11月04日

実相院の庭

 十二代門跡義運(足利義満の猶子)の時、現在の地に移り室町時代から江戸時代にかけて皇子や皇族の入室が続き、門跡寺院として今に至る。
 客殿、御車寄せ、四脚門は、東山天皇の中宮、承秋門院の旧殿を移築(1721年)したもの。
 内部には京・江戸狩野派の襖絵が集結する。国宝に指定されている後陽成天皇直筆の「仮名文字遣い」や後水尾天皇直筆の掛け軸など皇室ゆかりの寺宝も多い。
 善阿弥の孫である又四郎が、桃山時代に作庭した池泉回遊式庭園。 作庭当時は現在の約二倍の広さがあった。
 池の中央に大きな自然石の沢渡りがあるが、これなどは桃山時代の豪壮な風趣がよく現れ、後背に見える椎の大木が、幽遂閑雅な静寂浄土を偲ばせると云われる。
 夏に訪れると、手水鉢にからみつくように咲くシュウカイドウ(秋海棠)、池の周りに咲くダイモンジソウ、反り返る花びらが愛嬌を添えるヤマホトトギスなどが見られる。  秋の紅葉も格別である。
 近くには岩倉具視の旧邸(鄰雲軒)がある

  
タグ :洛北


Posted by koyuki at 15:23Comments(0)京都の庭園

2013年11月03日

東北まるごと弁当

 ネーミングそのままに、東北各県の味が入っている駅弁だ。 弁当箱が六角形になっていて、真ん中にご飯が盛られ、上から岩手の南三陸水揚げ秋刀魚の竜田揚げ、県産若鶏の照り焼き・・・、山形県は芋煮、宮城県は牛タンシチューに「笹かまぼこ・・・、福島県は会津味噌田楽、秋田県はとんぶりといぶりがっこ・・・、青森県は姫竹の子の薄煮と焼きリンゴ煮・・・。1,100円。こういうおかずか多いのは、酒のアテになっていい。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)駅弁

2013年11月02日

京都牛膳

 京都駅で売られている淡路屋の「薬味」にこだわった牛肉弁当だ。 京都祇園の「原了郭」の黒七味をかけると、少しピリッと辛い。子供向けではないが、大人にはこのピリ辛がいいアクセントになっている。すぐきのお漬け物が付いているのもいい。980円。  

Posted by koyuki at 07:00Comments(0)駅弁